私の応援ソング「負けないで」

私の応援ソング「負けないで」

応援ソングはその曲で元気になる曲です。

元気になれれば、応援ソングです。

ですから、人それぞれで応援ソングは違うかもしれませんね。

私は応援ソングで好きな曲はたくさんあります。

中島みゆきさんの「ファイト!」。

岡村孝子さんの「夢をあきらめないで」。

KinKi Kidsの 「フラワー」。

などなど、まだたくさんあります。

特に私が好きな応援ソングはZARDの「負けないで」です。

曲とは関係ありませんが、とにかく坂井泉水さんが可愛い。

可愛いというより美しいです。

美しい人に応援されるとより一層頑張りますよね。

本名は蒲池なので聖子ちゃんと親戚と噂されていましたが、まったく関係ないそうです。

泉水さんはメディア露出が極端に少ないアーティストです。

ジャケット写真は正面写真が少なく、ソフトフォーカスの物がほとんどでした。

なんかとても、ミステリアスな感じでしたね。

そんなミステリアスな美しい人に応援されるわけです。

だから、「負けないで」が大好きです。

ちょっと、落ち込んだ時は「負けないで」を続けて、10回ぐらい聴きます。

夜、寝る前に10回ぐらい聴きます。

これで明日は大丈夫といった感じでした。

そして、朝、3回ぐらい聴いて、家を元気よく出ていきます。

この曲を聞いて元気が出てきて、頭に浮かぶこと。

それは、何が起きたって、ヘッチャラな顔して行こうと思いました。

そして、負けないでもう少し頑張って、最後まで走り抜けていこうと思いました。

泉水さんが亡くなった時はショックでした。

ちょっと、落ち込みました。

そんな時こそ「負けないで」でした。

「負けないで」を10回ぐらい聴きました。

その時、当たり前のことに気がつきました。

泉水さんが亡くなっても、同じようにこの曲を聴くことはできる事に。

だから、この曲はいつまでも私の応援ソングなのだと。

脱毛 神戸

睡魔は怖い

疲れていて眠くてどうしょうもないときがありますよね。

そういう時に限って頑張らなくてはいけないときなんですよね。

仕事の締め切り日だったり、大事な会議だったりするんです。

眠い時にどうしているかを調査している記事がありました。

大きく分けると4パターンがあるようです。

1、食べ物や飲み物のパターン

2、刺激するパターン

3、特殊なパターン

4、いっそ寝てしまうパターン

私の場合、1の食べ物や飲み物パターンは濃いコーヒーを飲みますね。

2杯飲めばだいたいOKです。

2の刺激するパターンとしては水で顔を洗います。

ちょっと時間がある時はトイレで5分だけ寝ます。

そのあとに何回も水で顔を洗います。

これでだいたいが大丈夫です。

あとは4のいっそ寝てしまうパターンです。

家に持ち帰って、明日までに締め切りの仕事をする時はまず寝てしまいます。

これは1~2時間で起きる自信がないとできません。

朝まで寝てしまったらジ・エンドです。

でも、本当に大事な仕事なら大丈夫。

必ず、起きることができます。

そこは潜在意識の力を信じていれば、いいんです。

もし、朝まで寝てしまった時はその仕事を本当に大事だと思っていないということです。

この技は50を過ぎてからできるようになりました。

30代ぐらいではちょっと危険かもしれません。

前の晩、夜遊びをして、寝不足の時は根性でなんとかなります。

寝不足が数日続くと、突然、睡魔に襲われます。

それが、いちばん怖いですね。

突然の睡魔は大事な会議の時に襲ってきたりします。

これはやばいです。

会議のときに考えるふりをして眼をつぶるとそのまま寝てしまうことがあります。

ですから、その時は携帯電話をもって、急用をアピールしながらその場をでます。

そして、トイレに行って、前述の水で顔を洗うようにします。

サラリーマンは睡魔をバカにしてはいけません。

エスティマ