絶対積極の悠然な態度

絶対積極の悠然な態度

私が尊敬しているのは日本の哲人中村天風師です。

天風先生には、インドの師のカリアッパ氏の他にもう一人、頭山満という師がいます。

頭山氏は明治から昭和前期にかけて活動したアジア主義者の巨頭です。

ある人が頭山氏を評してこう言いました。

「今まで色々の人に会うたが、頭山氏のようなどう見ても偉く見えない。」

「それなのに本当に偉いと思った人を他に会った事が無い」と非常に感激したという話です。

その頭山氏のエピソードです。

あるとき孫文氏と密談中の頭山氏。

そこに、飴屋に変装していた男が至近距離から拳銃を衝き付けたらしいです。

すると頭山氏はいつもと変わらずに悠然とタバコを手に取ります。

横から孫文氏が火をつけます。

一服深く吸い込んだ所で、頭山氏は銃口に向かってフーと煙を吹きかけます。

相手の手が小刻みに震える瞬間をついて、天風先生が銃口をはたき落としました。

同時に刺客を捕らえたそうです。

「先生、さぞ驚かれたでしょう」と天風先生が聞くと「驚いたって間に合わんよ」と答えたと言います。

この頭山氏は普段の生活では、まったく大雑把で、何をするにも大まかであったと言います。

そうした師を持つ天風先生の理論では、例えば酒瓶に半分酒が残っている。

これを「もう半分になってしまった」と思うのが消極姿勢、

「まだ半分もある」と思うのが積極姿勢、

「酒が少なかろうが多かろうが、悠然と最後まで飲む」のが絶対積極であると言います。

絶対積極というのは積極姿勢やポジティブシンキングの上をいく、悠然とした態度です。

この絶対積極を身につけたらすごいですよね。

「晴れてよし曇りてもよし不二の山。元の姿は変らざりけり」

この超越した心境を目指していきたいものです。

足脱毛vライン脱毛

アウエーの中で仕事をする

30歳~40歳の約10年間 雑貨屋のチェーン店のエリアマネジャーをさせていただきました。

全国で100店舗ぐらいある会社で5店舗ぐらいが一つのエリアでそのエリアを担当します。

半年で担当エリアが変わるので半年である程度の結果を出さなくてはいけません。

私はいいエリアを担当したことはほとんどなく、大体が敗戦処理的なエリアの担当でした。

売上の悪いエリアなので、改革したり、退店処理をしたりします。

そのエリアを担当すると5店舗でパートも含めて50人ぐらい従業員がいます。

どうなるのかと思って、みんな、戦々恐々とした感じです。

全員集めて話をするときは完全にアウエーです。

このアウエー感、招かれざる客の感じを何回も経験しました。

最初は誰一人、味方はいません。

まず、1カ月で1割の5人ぐらいの従業員に会社の方針や私の考えを理解してもらいます。

次の1カ月のもう5人にわかってもらい、2か月で2割の10人に理解してもらいます。

10人の人にわかってもらうとどうにかなります。

その2割の人中心にいろいろなことを改善していきます。

3割~4割の人は辞めていきます。

そういう環境で10年間仕事をしてきたのでかなり濃いキャラが形成されてしまいました。

この濃いキャラがいいのか、悪いのかは今の私にはわかりません。

ただ、この濃いキャラのおかげでとても仲良くしていただいている方が多くいらっしゃいます。

ありがたい事です。

その逆に私の事を良く思っていない方はもっとたくさんいらっしゃいます。

全部の方と仲良しになるのは、不可能なので仕方のないことと割り切っています。

私に好意を持っていただいている方は前向きで積極的な方がほとんどで互いに切磋琢磨出来る関係です。

大事にしていきたいと思います。

背中の脱毛